秋深し


京都の秋と言えば紅葉でしょうか
先日のPOPEYEオーナーズカップの結果もあり
少しセンチメンタルな気分です。
試合当日
試合中にアップした写真の通り
ベイトもバスも大量に回って来る場所で釣りしていましたが
釣れども釣れどもノンキーパー
しかし
POPEYEオーナーズにはキーパー制限が無いので
全てキーパーなんです。
それが10センチのバスでもキーパーです。
10センチのバスなんか釣れへんやろ?
そう思っていませんか?
実は釣ったんですよ!
写真は後日アップしますがマッドペッパーマグナムと同じぐらいのバス
それもカネカ沖ですよ!
その瞬間にイタズラな神様が降りてきました。
神様「このサイズで揃えたら審査員特別賞が狙えるよ」
天使「アカンって!ちゃんと釣って成績を競うのがトーナメントやろ?」
神様「審査員特別賞はまえみたいに5匹で1番軽い奴ちゃうか?エエもん貰って帰ろ!」
天使「そうそう上手くいかへんって!時間いっぱいベストを尽くせよ!」
神様「審査員特別賞は後で発表ってのは狙う奴がおるからやでぇ」
天使「狙って取れるもんちゃうし狙って外したらどうする?頑張ったら今からラッシュ来るかもしれんでぇ」
神様「審査員特別賞は下野流のロッドちゃうか?欲しいやろ?外しても目立つって!」
天使「下野さんが言うてたやん!赤の1番で1番フライトでツキは全部使ったって!やめとき!」
迷った挙げ句に下した結論はローウェイト
小さな魚を釣るたびに入れ替えて
推定800グラムから1キロ
それでウェインすると
私のウェイトは5匹で
なんと630g!
過去最高の5匹のローウェイトでした。
私は「やったった感」に満足して審査員特別賞の発表を楽しみにして表彰式を待ちました。
そして表彰式
審査員特別賞はゼロの人!という下野さんの発表
エエェ!?マジ!?
天使の言う通り
下野さんの言う通り
ツキの無い一日でした。
さぁ秋も深まり冬に入れば水温も安定して来ます。
12月5日のマリーナトーナメントが今年最後のトーナメント
家族サービスを兼ねて楽しむ予定です。