失格申告

すでにBAITのホムペで結果をご存知かもしれませんが
私の名前が最下位にあると思います。
私は自主申告して失格を申し出ました。
初日に私は堀切湾に入りました。
前日にネットで琵琶湖の釣り禁止エリアを調べて
あら?堀切湾は一部が禁止なだけで湾の他の場所はOK?
あぁそうなんだぁ今まで勘違いしてたのかぁ?
それとも禁止エリアじゃなくなったのか
って感じで入ったのですが
2日目の朝に他の選手と話していたら
やはり禁止エリアだという事で
詳しく聞いたら
堀切湾は
プレジャーボートの航行禁止期間に入ったからトーナメントでも禁止エリアになるという事
私がネットで見たのは遊漁の釣り禁止エリアで
トーナメントの出場選手は全員が遊漁を持っているわけじゃないので禁止エリアに設定しているという事
私は琵琶湖ルールは違反していなくてもトーナメントルールを違反していることになるとのこと
スタート直前だったので終わってから申告しようと思いましたが
色々な想いがありモヤモヤしたままで釣りも楽しくないですし
気持ちが不安定なままでボートを走らせて事故でも起こせば
それこそ後悔の念に押しつぶされてしまうと思ったので
10時ごろに主催者に電話して失格申告しました。
選手として最終確認を怠ったのが原因です。
釣っていても釣っていなくても
ルールの上でのトーナメントですから
優勝などの成績に関係が無い下位の成績でも
参加している以上はトーナメントには真摯でありたい
そう思っての失格申告で
電話するまでは本当にモヤモヤ?
多分正直なところ「エリア違反による失格」という烙印がイヤ
そういう思い全く無かったと言えば嘘になります。
だから自主申告するまでは本当にイヤな気分でしたが
電話を終えてからはスッキリしました。
終わってからじゃなく途中でも申告しようと思ったのは
もしデカイのが釣れたら申告したくなくなるのでは?黙ってやり過ごしたくなるのでは?って感じで
自分の小ささを知った上で考えたからです。
結果として堀切湾では魚を釣っていませんが釣りの動作はしていますし
まず湾に入った事が違反行動ですので
故意ではない勘違いでのウッカリの行動だったにせよ
それを許しを請う気持ちはありませんでした。
華やかな成績の出ない私ですが
トーナメントに対しては真摯でありたい。
ルールの上で成立している遊びであって
ルールという約束をして出場しているからには
約束を破ってしまって知らんぷりは出来ませんでした。
「よく自分で申し出たねぇ立派な行動だよ」
そういう優しい言葉をかけてくれた選手もいて
有難かったのですが
私は当たり前のことをしただけです。
立派でも何でもありません。
ただお言葉は本当に有難かったです
ありがとうございました。
成績もポイントが付いていますが
失格の0ポイントへの修正を申し出ました。
今回このような結果になりましたが
最終確認を怠った事に対しての反省と後悔はありますが
今後の糧にして頑張っていきたいと思っております。
釣りの技術の向上だけではなく
人間性も向上していきたいと思っておりますので
今後とも皆様の御指導宜しくお願いします。