ガイド後編

バスフィッシング全く初めての末長さんにいきなりの40アップ
船上は興奮じょうたいになりましたが
それが長続きをしません。
時折私が釣りますが35止まり
ランチタイム前に北風爆風が吹き始めて
その後も吹き荒れてライトリグは出来ない状況
同船の坂口さんは朝からクランクベイトやラバージグを使ったストロングな釣りで
マメに用は無い!と言い切ってのストロング押し切り
御本人が「ホゲてもいいから納得の行く釣りがしたい」
との要望でガイドの端くれの私としては「喜んでもらってナンボ」
そう思ってポイント選択して行った先は
DSC_0067.jpg
リーズです。
スピナーベイトです。
坂口さん「うぉぉぉぉ!DVDで見たような釣りだぁ!」
喜んで頂きました(#^.^#) エヘッ
って思ったのも束の間
ブチッ!ピュー~~ジャボッ!
????( ̄~ ̄;)??
( ̄□ ̄;)ガーン
スピナーベイトさんサヨーナラぁ~
って事で撃ってもらいましたよぉラバージグ
リーズのストレッチの更に奥の川にあるリーズです。
撃って!撃って!撃ちまくったら
出た!バレた!
ってのがですねぇ強風でボートポジションが取りづらく
ポイントに対してボートを直角にポジショニングしたので
フッキングの力が逃げてしまうんです。
しかし魚はいるんです。
目の前でも他のボートが2発
信じて撃って行くと
「来ました!」の声で振り向くと水面でもんどり打つ巨大な魚体
明らかに50近く控えめに言っても48(ヨンパチ)
これも喜んだのも束の間
「あぁ~~~!・・・・バレた」
落ち込んでる暇は無いですよって声を掛けるよりも
本人は「むっちゃ熱いですよぉ!」と興奮状態で
続けて撃ってもらうと
あれ?そんな手前を撃った?ライン走ってるぅ?
で再び水面直下でもんどり打つ魚体は40オーバー・・・だが
またバレた(T_T) ウルウル
その後も撃ち続けたんですけど
水深70cm程のリーズを風に逆らって撃ち続けた結果
濁りを招いてしまったようで沈黙の時間が続きタイムアップ
しかしですねぇ
最初は2mのピッチングもままならなかった坂口さん
最後は水面から10cm程度の低い弾道でビシバシ撃ち込まれていて
バスフィッシング初めての末長さんもヒュンヒュン音を立てて
ライトリグをキャスト出来るようになっておられて
お二人の身体能力・適応能力には驚かされました。
やはり
帰りは琵琶湖の洗礼を浴びながらのアングラーズイン帰着でした。
坂口さん、末永さん
最後まで信じて頑張って頂いてありがとうございました。
またリベンジにお越しくださいます日を楽しみにしていますし
それまでに私も更に精進しビッグバスを釣って頂けるようスキルアップしておきますね。
そして翌日17日
今日はファミリーガイドプラン
と言っても実は練習で私の家族に釣らせる事で
私のガイド力アップの練習なんです。
朝一は冷え込みがあったのでチビッコ達は10時から合流で
それまではサイトフィッシングの練習
今年も釣れます!
45を筆頭に4バイト1バラシ3キャッチ
うち1本は2回釣った魚です。
DSC_0069.jpg
この2回釣った魚は一度釣った後に逃げ逃げ君になっていましたが
あるタイミングでスイッチオン!
見た目にもスイッチが切り替わったのが分かりました。
そしてチビッコ達合流で釣りますが昨日程ではないけど北風強風
釣り好きの人間にはなんて事ない風ですが子供には厳しい風
風裏パターンで私が釣ったのが↓
DSC_0071.jpg
そして冷たい北風を嫌うチビッコ達の最後のポインチで
25cmほどのマメバス君が来てくれました。
我が娘が初めて自分でキャストして自分で釣り上げ動作完了しました。